満足度の高い住宅になる

家造りにおいてデザイン性・機能性・コストなどに対するこだわりは人によって異なります。ハウスメーカーが完成品を売る建売住宅の場合には、理想通りの住宅を見つけることは難しく、ある程度は妥協しなければいけないでしょう。一方で注文住宅ならば、土地選びから建材選びまで施主の意見が反映されます。予算や工期などの制約で妥協する点があるとしても、建売住宅より理想に近い住宅を建てることができます。理想に近い住宅ということは、満足度の高い住宅ということです。入居後に「この部分が〇〇だったらよかったのに」と後悔することはなくなります。何十年も住宅ローンを返済しながら暮らしていくことを考えると、満足できるかどうかは重要なポイントです。

安心して暮らせる住宅が建つ

建売住宅は建築途中でも販売するケースもありますが、完成品を販売することも一般的です。完成品であれば、建築途中にどのような工事をしているのかわかりません。もし、手抜き工事をしていると入居後に雨漏りや家の傾きなどの問題に悩まされます。最悪の場合には、建て直しも必要になるでしょう。その点で注文住宅ならば、土地選びや設計から始めるので、時間があれば建築途中の状態を確認しに行けます。施主が工事を確認することは、手抜き工事に対する抑制効果となります。中には、素人が見てもわからない部分もあるでしょう。その場合には、専門家を伴って見学すれば専門知識を生かしたアドバイスをしてくれます。建築途中の問題を未然に防げます。