セミオーダー住宅だと住宅設計をしやすい

家造りを始める前には必ずプランニングをする必要があります。特に注文住宅は完成するまで完成品を見ることができないので、より入念に間取り図を見ておくことが大切です。プランニングで失敗しないためには、ポピュラーな住宅設計をベースにするのがおすすめです。奇抜な住宅設計にすると、予想外に住みにくくなってしまうことが少なくありません。あくまで一般的な間取りを参考にしつつ、そこからこだわりたい部分を詰めていくという方法がよいでしょう。

近年は注文住宅を建てたいと考える人が増えてきていますが、多くはセミオーダー住宅を選択しています。フルオーダー住宅だとゼロから住宅設計をしていくので、完成まで多くの費用と時間が必要です。セミオーダー住宅はベースとなる住宅設計が決まっているので、あとはこだわりポイントを追加していくという流れになります。

専門家の話をよく聞いてみよう

家造りのプランニングは施主がすべて決定する権利を持っています。しかし素人目線で住宅設計をした場合、あとから高確率でミスが生じてくるのが現実です。例えば主寝室と子ども部屋を隣り合わせにしたことで、夫婦のプライバシーに影響を及ぼすという事例があります。主寝室と子ども部屋の間にスペースを設ければ問題を回避できますが、プロでなければそこまで予測するのは困難でしょう。

こだわりを100%満たすことができても、いざ住んでみて不満だらけになるようでは困ります。だからこそ注文住宅のプランニングをするときは、間取りや動線、収納などに不備がないかプロに相談してみる必要があります。プランニングは特定の場所だけにこだわるよりも、全体のバランスを考えたほうがうまくいく可能性が高いです。